スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

いわや道-貝ノ河峠 探索(12/29)

IMGP4602.jpg
                 龍の窟跡

今日は、阿波の浮浪雲さんをお誘いして「いわや道」と「貝ノ河」周辺を探索してきました。今回は時間切れというよりも体力切れで「オオカゲ」手前で引返し、友人に迎えを頼み、ゴール地点に向かう安全な林道を下降しました。全ルートと核心部分はイメージ図とGPSログを対比することで参考にしてください。

IMGP4567.jpg
                 ニジリ石付近
IMGP4588.jpg
             C地点・いわや道から太龍寺
IMGP4573.jpg IMGP4575.jpg IMGP4577.jpg
   分岐A地点    分岐B地点(いわや道入口)
IMGP4582.jpg IMGP4595.jpg IMGP4596.jpg
                   分岐D地点       F地点から南方面
IMGP4613.jpg IMGP4617.jpg IMGP4622.jpg
    分岐G地点        分岐H地点      広浦鉱山から鳴門方面
bbb.jpg aaa.jpg 太龍寺
ルート全図(イメージ)   いわや道(イメージ)     ルート全図(GPSログ)

主観的感想ですが、A地点からD地点までの遍路道(登山道)は一部倒木等はありますが、十分に整備された、はきとした道です。D地点からE地点及びE・F地点周辺は整備されていない荒れた道になります。また、D地点から太龍寺山から東に延びている尾根道との合流地点までも整備されていない道になります。加えてE地点から南に下降する登山道は最終、鉱山の切土、法面上部にあたり下降することは不可能で危険です。

貝ノ河峠への道ですが、一般道と林道を歩きますが、峠に向かう残り高低差150m付近は地図にない分岐が在ったり、切捨て間伐による倒木等で登山道がはきとしないのでコンパスで方位を確かめながら緩斜面を選び東に上がれば、はきとした尾根道にたどり着きます。

その他、「龍の窟跡」という画像を掲載していますが、多分、此処だろうという予想位置です。団塊の世代が遠足で「龍の窟」に行ってた時は、黒河方面から、現在「龍山荘」という民宿のすぐ奥に在る橋の袂周辺から登って行ったそうです。

阿波の浮浪雲さんのレポート
http://awanohagurekumo.blog.so-net.ne.jp/2012-12-29


2012-12-29 : Trekking : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。