スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

アトラス AS-CL5000Ⅱの使用感!

「アトラス AS-CL5000Ⅱ」ですが、下記条件での使用感です。

アトラス AS-CL5000Ⅱ」
http://www.yupiteru.co.jp/products/atlas/as-cl5000_2/index.html
使用時期:1月中(平年より寒い)
電  源:エネループ(単四)使用

フル充電では非常に明るいのですが、使用2~3時間を超えると極端に性能(明るさ)が落ちます。はっきり言って、前述の状態では使い物になりません!例えが適当か否かは判りませんが、手持ちの「ペツル・旧ティカ XP(ティカXP/エーテックス/E81PEX)」の方が最適時の明るさは劣るものの、持続力が断然違います。原因が本機なのか電源なのか?判断は各位にお任せいたします。以上が当該機の正直な評価です。

ティカXP/エーテックス/E81PEX
http://www.asobimono.com/10_10.html


2012-01-26 : MTB : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

僕の使っているミオXPはいいですよ。ウォーキングで使用しています。ライトの明るさをMIDにして使用していますが、これでもかというくらい明るさが持続します。12~13時間は余裕であかるいです。
ただ、明るさをMAXにすれば、4~5時間くらいで暗くなってきますが。
ちなみに、週に5日、30分のウォーキングで1か月余裕で単三電池3本のエネループが持ちます。
この分だと、エネループの充電が1500回?できるので、1500か月使うとなると、125年間使えることとなり、エネループは一生ものということです。
2012-01-27 17:15 : 75KG URL : 編集
ミオXPは明るいですよね!5000Ⅱのフル充電時よりもミオのほうが明るいかも?自転車にも取り付けできればいいのですが・・・・
2012-01-27 19:09 : kamokamo URL : 編集
« next  ホーム  prev »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。