スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

スノーシュー

IMGP1065.jpg
          カンジキ(エキスパートオブジャパン製)

IMGP1068.jpg IMGP1069.jpg IMGP1070.jpg
      整形前        コンパスでの除去        整形後

スノーシューといっても私が使っているのは「カンジキ」です。先の白髪分と白髪山への山歩きで爪が変形しました。コンパスの尖った先で詰まった土や木片を除去し、金槌で叩き開き曲がった部分を整形したのが上記画像です。さて、先の剣山に行った時の帰りに剣山スキー場で阿波の浮浪雲さんのアトラス製のスノーシューを試着、試歩させていただいたのですが、疲れていたせいもあるのか大変重く感じました。深雪の上での浮力及び縦方向の制動はカンジキの比ではありませんが、デッキの上に雪が載ると大変重く、載らなくてもギヤ自体の重量をすごく感じました。歩行速度はカンジキの倍!でも体力も倍使うような感じです。「カンジキは過去のもの」なんて言われたこともありますが、長距離を走破するには一長一短、ずば抜けた脚力がなければ使いこなせないように感じました。


2011-02-01 : Trekking : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。