スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

白髪避難小屋(1/16)

IMGP5260.jpg IMGP5285.jpg IMGP5287.jpg 

IMGP5252.jpg IMGP5255.jpg IMGP5294.jpg

今日は雪山に行きたくて準備をしてきたこともあり、アクセス情報もないのですが、三嶺に行きたく、とりあえず物部(ふるさと林道大栃線)に向かいました。登山口(白髪避難小屋下)までは積雪のため辿り着けず、少し手前のあずま小屋に駐車、そこから林道を歩き、稜線、三嶺を目指しました。しかし、経験のないほどの積雪(膝上から腰まで)で、無積雪期なら半時間で稜線に出れるところが2時間半もかかってしまい、体力も残りわずかと感じたので、白髪避難小屋付近からの景色を楽しんだ後、下山しました。なんとも情けない行程でしたが、いい経験になりました。三嶺は雪に覆われ、鎖場からのアクセスは容易でないように見えました。次回、また挑戦したいと思います。
余談ですが、下山の後、地元の猟師さんに出会い、なんと私がスタッドレスタイヤで不安な道を、使いきったズルズルのノーマルタイヤですいすいと走ります。また、鹿の猟まで見学させていただきました。ありがとうございました。カモシカちゃんは林道脇で出会いました。

あずま小屋(8:30)→登山口(8:40)→稜線(10:50-11:10)→あずま小屋(12:10)

PS:中東山向け林道分岐までは、現在林道を使用しての砂防工事による工事車両進入のため除雪していますが、分岐から峠(白髪山登山口)までは除雪しないので、その時の積雪により通行可否は状況次第ということになりそうです。



2010-01-16 : Trekking : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

敗退
 凄いですね三嶺を目指したのですか踏み跡はありましたか?
 こちらは黒笠山の神社手前まで4時間以上かかり
この雪では尾根直下の急登はとても登れないだろうと
敗退です。誰も冬にこんなマイナーな山には来ていない
だろうの予測どうり踏み跡はまったく無かったです。
大体ワカンで膝位まで沈んでいました、深いところでストックが
手元まで埋まるので1m以上は積もって
いるでしょう。
2010-01-17 20:13 : 阿波の浮浪雲 URL : 編集
敗退!
私も敗退です!ど素人の無茶な計画、というレベルにも至らない願望止まりでした。ふみ跡は登山口から100mくらいはありましたが、その後はまったく無かったので多分引き返したのでしょう?どちらも深雪に阻まれたようで、先日の個人的な話になりますが、○○○さんのトレースは、更に興味深い、驚異的な内容となりました。
2010-01-17 22:09 : 管理人 URL : 編集
« next  ホーム  prev »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。